お客様の鍵となる企業を目指して

logo

お客様の鍵となる企業を目指して

 2020.07.28  2020.07.28 

No.31

Faxを止めよう!
(その2)

blog

また、感染者が増えてきました。

弊社は在宅勤務を基本としているので、そのまま在宅勤務で仕事をしています。

でも、このような状態はいつまで続くのでしょう???

 

ま、そんなこんなで仕事のやり方を変えていかないといけないのです。

という事で、引き続き「FAXをやめよう」です。

 

社内だけの問題であれば、リーダーの決断1つ で何とかなるのですが、(これは前回のブログを見て下さい)

FAXとなると、FAXを送ってくる(もしくは送る)「相手」がいます。

当然、これは「取引先」となる場合が殆どです。

取引先となると(特に得意先となると)、勝手に「FAX止めまーす」とは行きませんよね。

何らかの「メリット」が取引先側にも無いと協力が得れない事が多いと思います。

 

そこで、FAXを無くす事による対外的に提供できるメリットですが、以下のようなメリットが想定出来ます。

 

(1)FAXに代わる手段として、デジタルの仕組みを提供するという前提で

①電話代が掛からない(このご時世、微々たる金額でも「経費節減出来ます」は効きます)

②履歴・証拠が残る(送った・貰っていないが無い)

③紙の保存が不要になる(これも結構効きます)

④そのまま自社システムに取込む事が容易

⑤定期的な集計が容易になる(デジタルデータの集計が行い易い)

があります。

④⑤は、送って貰ったデータをそのまま、もしくは加工して取引先側でダウンロード出来る仕組みを提供します。

 

(2)デジタルの仕組みを作るのは一寸無理なので、取りあえず「メール」で という場合でも、上記①②③のメリットはあります。

 

これで取引先が「うん」と言ってくれれば、自社のメリットは計り知れません。

 

”まずはやってみましょう!”

 

コロナが収まった後の世界は、きっと今とは違う世界になります。

今の内から「効率化」「デジタル化」を進める事が大事です。

 

 

 

次回は、「過去の取引データ、使わないと勿体ないですね」 です。

 

 

田畑 幸男

株式会社スカイネット 代表取締役

日本アイ・ビー・エム株式会社のSEとして主に流通関連/医薬品関連 システム設計に従事し、その後1987年に有限会社 宙(そら)を設立。1994年に株式会社スカイネットを設立。